ラウンジ
オススメの本

2016年02月25日3コメント765アクセス

4月から新人看護師として就職します。

配属先として循環器内科と呼吸器内科の

混合病棟での勤務となります。

そこで、循環器内科に関するもので(特に心電図が詳しく分かりやすいのもがいいです)

本や雑誌でオススメのものはありますか?

あったらご紹介お願いします。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

3件/3

書籍類は本屋で中身を確認して自分にも読めそうかな?と思ったものから手にしてみると良いと思います。

別の方が記載している「心電図の読み方パーフェクトマニュアル」も良いと思います。

初年度であれば…

「早わかり心電図」メディカ出版

おすすめですよ。内容は薄いですが、心電図の基礎知識が分かりやすく記載されています。

『心臓をナースステーション』に例えています。不整脈の原因を師長からスタッフに置き換えてあるので、イメージしやすくなっています。

循環器、呼吸器は楽しい分野です。

私も関わってきた期間が長いのですが…学べば学ぶほど好きになりました。

新しい職場で頑張って下さいね。

内科 循環器 小児の看板の医院で働いている、国試が受かれば看護師になれる准看護師です😊

循環器の先生の下で働いてはいますが、お恥ずかしい話し、心電図が今一つ読めず、不安なので先生に話したところ[図解心電図テキスト/Dr.Dubin式はやわかり心電図読解メソッド/文光堂]を見て勉強したぞー!!と、古い本を見せてくれました。

これは波形からではなく、どうして心筋がうごくのか(カエルの足で実験)とか 、どこの部分がこの波形として出てくるのか…とかで書かれてあります。

現在、先生の教えてくれたこの本は改訂版が売られていましてAmazonでかいました😊

少しずつ読み進めていくように書いてあるので、無理なく理解することができましたよ。

なので、お薦めします。

長々とすみませんでした。

個人的には実際の波形が載っている本をおすすめしたいです。なので実際の書店に行かれてはどうですか?

専門書を置いている大型書店に行けば自分が分かりやすい、読みやすいと思える本に出合えるはずです。

四月から覚えることが多くて大変だと思いますが頑張ってくださいね👍

ちなみに私は「心電図の読み方パーフェクトマニュアル」という本から入りました。