ラウンジ

カテーテルの投与

2016年06月30日15コメント2,063アクセス

肝がんでカテーテル・チューブ点滴ラインを留置している患者さんに対して、どこから投与するか

1、中心静脈カテーテル

2、経鼻カテーテル

3、肝動脈カテーテル

4、硬膜Fカテーテル

という問題なのですが、2、4が違うのはわかります。1、3は調べると塞栓療法では3なのですが、1にも薬液注入の役割があるって出てきたんです。

どちらの方が適切なのでしょうか。

私は、肝がんの治療だから血流を考えると3なのかなーって思うのですがどうでしょうか…?💦

このトピックには

15のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます