ラウンジ

看護師として

2016年07月05日0コメント649アクセス

看護師の看って字は手で見るって書く。

昔同期がなんかのレポートの時に患者さんの患は辛いことや、切ないこと苦しい事で心が串刺しになっている状況なんだ。って言っていてあらためて看護師としての役割を思い出した。

学生時代の先生が看護師の手は魔法の手なんだよ。って言ってたっけタッチング声かけで患者さんの気持ちが楽にちょっとでもなれるなら魔法の手を大切にしなきゃって思った。

未だに忘れられない末期の患者さん。

私の目の前で息を引き取って、おうちの人に後から教えてもらったんだけど「まみさんはいつもニコニコしてて優しくて本当に助かる」って言ってくれていたらしい。

最期に立ち会わせていただいて、エンゼルメイクもさせてもらって本当に思い入れが強い患者さんだった。天国が本当にあるのかは分からないけど幸せになってほしいな。

生命の大切さ生きようとする力たくさんの事を学んだ時期だったな。

まだまだ難病、がんとか病気で苦しんで居る人がたくさんいる世の中。少しでも医療が充実するといいな。

なんだか重たい内容になっちゃった。

もしかしたら不適切な発言があったかもしれません。

御気分を害された方がいらっしゃったら心から謝罪させていただきます。

このトピックには

まだコメントがありません

会員登録(無料)をして

「最初のコメント」を投稿しませんか?