ラウンジ

バルーンカテーテル閉塞時の膀胱洗浄

2016年08月27日12コメント4,517アクセス

教えてください。

血尿と腎機能低下のため、他院のウロ科に転院し、戻ってきた患者さんがいます。

3wayのバルーンカテーテルが入っていて、浮遊物は多めで、尿臭もかなりあります(血尿はおさまってます)。

ウロ科からは「バルーンカテーテルが閉塞したら膀胱洗浄するように」と指示が出ています。

いつ閉塞してもおかしくない状態で、近いうちに膀胱洗浄することになりそうなのですが、うちの病棟で

・3wayバルーンカテーテルなので、イリゲーションファネルから生食を流して、ドレナージルーメンからの自然排尿を待てばいい。

という意見と、

・それは「詰まる前」の手技で、ドレナージルーメンが詰まってしまってからでは遅い。

詰まった後はドレナージファネルから生食を入れて、シリンジで引いたほうがいい。

という意見があります。

後者のほうが感染リスクは高いように思いますが、「詰まってるところを開通させる」という理にかなってるようにも感じます。

自分でも調べてますが、なかなか答えが見つからないので、ここで質問させていただきます。

どちらの方法で実施したらよいでしょうか?

(そもそも、膀胱洗浄自体、今はあまり実施してないと思いますが、、、)

このトピックには

12のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます