ラウンジ

術後のポーティナー管理

2016年11月24日0コメント1,686アクセス

整形外科病棟勤務です。

術後に懽流液の排出のため、ポーティナーを留置して病棟に戻ってこられる患者様のポーティナー管理について質問です。

ポーティナー内が完全に空気、排液で満たされて陰圧がかかっていない状態でした。

主治医の指示は溜まったら1度は破棄して再度陰圧をかけて経過観察、また溜まるようなら再度連絡を、でした。

私は排液は半分ちょっとでしたが、空気(挿入時から入っていた分です)もあわさって膨れて陽圧になっている時点で排液は排出されないと考え、1度破棄して陰圧をかけ直した方がいいのでは?と思いました。

しかし、ペアの先輩に確認すると、陽圧でも排液は排出される。まだ排液は満タンじゃないのに排出の為に排出口をあけると感染のリスクがあるから破棄しないでいいと言われました。

陽圧で膨れきっているのに排液されるのかいろいろ調べたのですがはっきりとした答えはみつかりませんでした。

空気と排液で膨れており陽圧になっても排液はあるのでしょうか?

排液がある場合空気が体内もしくはルート内に逆流するということですか?

このトピックには

まだコメントがありません

会員登録(無料)をして

「最初のコメント」を投稿しませんか?