ラウンジ
夜勤をやめたけど

03月03日02時02分1コメント831アクセス

数年前、病院を離れ夜勤をやめました。日勤のみになり、今は体はとても楽です。夜勤後の体調不良が本当につらかったので、今の今までやめたことに一片の後悔もありませんでした。

でもさっきこのサイトでたまたま目にしたRisaさんのイラストに夜勤の一場面が出てきて、猛烈に病棟勤務と夜勤が懐かしくなりました。

面会から帰る家族に「匿名さんなら安心して帰れる」と言ってもらえたこと。

消灯後の静かな病棟に聞こえる吸引や呼吸器のアラームの音、トイレ介助で車椅子のストッパーを外す音をついこないだのことのように思い出しました。

遠くの病室で輸液ポンプのアラームが鳴ってしまって、静かにダッシュしたこと。

ナースコールの鳴るわずかな合間にするペアの人との雑談が楽しかったこと。

先輩や後輩と距離が近くなったり、同期の頼もしさに助けられたり

朝の採血がみんな一回でとれて疲れが吹っ飛んだり(吹っ飛ばないけど)

記録書いてる途中で意識が飛んで、目が覚めると「あ」とか「¥」が多量に入力されていたり

帰りの電車で溶けるように眠ってサラリーマンに不審がられたり。

離れた今だから思うのだろうけど、しんどかったけど楽しかったな。一晩無事に患者さんを担当できた自信もついたり、揺らいだり。

一度離れてから夜勤ありの病棟勤務に戻られた方、いらっしゃいますか?

戻りたいような、戻りたくないような…16時間夜勤じゃなければできるかな…

夜勤中のみなさま、お疲れ様です。

夜勤してくださる方がいるから、日勤のみを選択することができました。ありがとうございます。

穏やかな夜勤で、日勤さんに無事に引き継げますように。

このトピックには

1のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます