ラウンジ
実習中の報連相

07月15日17時59分8コメント800アクセス

はじめて投稿します!

早速ですが、私は現在看護専門学校の3年生で、各論実習の真っ最中です。私は今までの実習でグループリーダーを2回務めてきたのですが、実習終了の際に教員から情報共有・報連相が甘いとの指導を受けました。具体的にはメンバーの1日の行動計画や各自の受け持ち患者の状態、各自が見学・実施した援助や検査の報連相がお互いにできていないのです。グループ全員がお互いの行動計画や患者の状態を把握しておらず、見学したい援助や検査が重なって指導者さんに怒られてしまったり、患者の様子を把握できていないため受け持ち患者の看護計画のカンファレンスで実りのある意見交換ができなかったり…etcです。リーダーとして昼食時や記録時間等を使い、メンバーに積極的に「患者さんどう?」「今日は1日何をしたの?明日の予定は?」と聞いていましたが、結局私1人が努力したところで報連相はスムーズにいかず実習が進んでしまいました。全員が意識を持つためにはどうしたらいいのでしょうか。他の看護学生の皆さんはどのようにして実習中の情報共有・報連相を行っているのでしょうか(´∵`)是非意見を聞かせてください。

このトピックには

8のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます