ラウンジ

訪問看護師

2018年07月24日7コメント1,028アクセス

私は領域別実習で訪問看護ステーションに行き、訪問看護で生活に根付いてその人の思いや考えなど考慮して看護を行う看護師の姿をみて訪問看護師を将来の視野に入れてます。

総合実習ではさらに訪問看護を見てみたいと在宅看護の領域を選択しました。そこでも新たな学びもあり、生活に根付く看護が提供したいと再度強く感じました。

そこで質問なのですが私は、大学病院で多くの経験を積み、様々な患者様を見てから訪問看護の道に進みたいと思います。

訪問看護師を現時点で視野に入れているにもかかわらず慢性や回復期の病棟ではなく、救命や急性期の病棟を志望することはおかしいでしょうか?

最初は急性に行きその後慢性も学べたらいいと思っています。一つの病棟で長く働きたいという気持ちも思いもありますがその中で在宅療養の手助けが出来るような看護師になりたいと考えています。

このトピックには

7のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます