ラウンジ

弾性包帯と弾性ストッキング

2018年07月26日6コメント1,098アクセス

急性期の病棟で働く看護師です。

うちの病棟では術後のDVT予防に弾性包帯、弾性ストッキング両方使用しているのですが、

術後すぐは弾性包帯→離床が進みつつ、1週間ほどしたら弾性ストッキングに変更、という使い方をしています。

皮膚トラブルもなく、弾性包帯の下の皮膚を処置しているわけでもないのになんで包帯なんだろう、最初からストッキングでいいのでは…、と疑問に思っています。オペ後1日目から離床できている患者さんにとってはストッキングのほうが動きやすいと思いますし。

皆さんの病棟では術後のDVT予防はどうされているのでしょうか。また、弾性包帯と弾性ストッキングの切り替えのタイミング?などありましたら、きかせていただきたいです。

このトピックには

6のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます