ラウンジ
点滴抜針後の採血について

10月08日02時24分5コメント9,011アクセス

採血の輸液による希釈について質問です。

先日、右上肢にシャントがある患者さんに採血指示がありました。

左上肢に確保しているルートが閉塞していたため、抜針した後、左上肢から採血を行おうとしました。教科書的には血液が一周するのに50秒ほどということなので、余裕を持って5分程度待ってから採血すれば輸液の影響は受けないと考えたからです。

しかし、同僚より

希釈の影響があるのではないか、と指摘をされ、その時は結局左上肢のルート確保と、下肢から採血をするということに落ち着きました。

しかし、患者さんへの侵襲と血液循環を考えれば理論上左上肢からのルート確保および採血がやはり妥当だったのではないかと考えました。

文献をあたりましたが、具体的なエビデンスは見つからずもやもやしています。

そのような文献があれば教えていただきたいです。また、皆さまの考えをお聞きしたいと思いつつ投稿させていただきます。

よろしく御願い致します。

このトピックには

5のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます