ラウンジ
点滴抜針後の採血について

2018年10月08日5コメント10,119アクセス

採血の輸液による希釈について質問です。

先日、右上肢にシャントがある患者さんに採血指示がありました。

左上肢に確保しているルートが閉塞していたため、抜針した後、左上肢から採血を行おうとしました。教科書的には血液が一周するのに50秒ほどということなので、余裕を持って5分程度待ってから採血すれば輸液の影響は受けないと考えたからです。

しかし、同僚より

希釈の影響があるのではないか、と指摘をされ、その時は結局左上肢のルート確保と、下肢から採血をするということに落ち着きました。

しかし、患者さんへの侵襲と血液循環を考えれば理論上左上肢からのルート確保および採血がやはり妥当だったのではないかと考えました。

文献をあたりましたが、具体的なエビデンスは見つからずもやもやしています。

そのような文献があれば教えていただきたいです。また、皆さまの考えをお聞きしたいと思いつつ投稿させていただきます。

よろしく御願い致します。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

5件/5

すみません。字が間違っていまささた。採決ではなく、採血でした。

私が以前勤務していた透析病棟では、上肢からの採決やルート確保は禁止されていました。理由はシャント閉塞が起きた時に反対の上位に造設する可能性があり、血管を傷つけない為。と主治医から指示があり、ルート確保や採決は手背か下肢と言われていました。

シャントというのは透析のためのバスキュラ・アクセスのことでしょうか? そうだとすると、点滴の流量は少ないのではないでしょうか? ヘパリンの持続でしょうか?

前の方が書いてあるように、目的があっての採血なので、例えば閉塞の原因がヘパリン化がうまくいってない(ACTやAPTTが低値)ことが考えられるとか…。ひいてはシャントの問題に…。

そう考えると、迅速な採血が必要とも。

もっとも、指示を出している医師に確認すべきことだと考えますが。

>1 名無しに代わりましてさんへの返信

すいません。質問に沿わないかと思いました。

輸液中ならまだしも、輸液後に時間を空けての採血であれば良いのでは、、、

と思うのですが、どうなんでしょう。

輸液中の採血に関する研究はされているのに、輸液後に関してはなされていないのですね~。

おはようございます。私も気になりすこし調べてみました。

ナースプレスにこのような記事がありました。

[点滴より末梢側での採血はOK? NG?]

https://nursepress.jp/226713

輸液の中身や欲しいデータにもよるかと思いますが、点滴をしている末梢側から採血してもあまり影響はないというデータが出ているようです。