ラウンジ
倫理カンファレンスについて

02月11日20時22分1コメント323アクセス

今度実習の最後に指導者さんにご参加いただく倫理カンファレンスがあります。テーマは学生で倫理に関わることを話し合って1,2個出す形になっています。そのテーマに関して、これは倫理に値するのかと悩んでいるのでご助言いただければと思います。

私は今回の実習ではないですが、他の実習のときに気になったことがありました。それは、何か物忘れをしただけで「あ!認知症になっちゃった」と冗談を言い、学生・教員ともに笑い合う場面です。これはグループホーム実習中にあった会話です。認知症を患いながらも今の状態を維持する、どうにか少しだけでも良くなるようにと頑張られている方たちと関わっていながらのこのセリフは、冗談であり、ご本人たちがいらっしゃらない場であったとしても看護を学ぶ者として相応しくないと思いました。

このことを倫理カンファレンスで取り上げたいと思ってますが、これが倫理に値しテーマとしていいのかご助言頂きたいです。よろしくお願いします。

あと、倫理カンファレンスの落とし所、結論はどうすればいいのかまで合わせてお願いしたいです。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

1件/1

とても良い気付きだと思います。

利用者の状態を見て笑う。

倫理的に無しです。

バカにしてるとしか思えない。

落としどころ、結論は、カンファレンス内での話し合いの内容や考え方で変わっていくと思います。

倫理は人によって微妙に違います。

個々の考え方、看護感をすり合わせながら、悩みながら見つけていくものと考えています。

実習メンバー、指導者と十分話し合って、あなたたちなりの結論を見つけてください。