ラウンジ

アンカロン混注時の気泡について

05月16日23時59分1コメント433アクセス

アンカロン(アミオダロン)と5%ブドウ糖液を混注する際に泡立ててしまい、指摘を受けました。

泡立つ事で薬の投与濃度が変化する、下手をしたら半減するとも言われたのですが、添付文書を始め、今日の治療薬やネットなどもさがしてみたのですがいくら探しても情報が出てきません。

どなたかご存じの方、根拠を教えていただけないでしょうか。

このトピックには

1のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます