ラウンジ

勤務先によって異なる薬の投与方法・・・

06月07日17時24分4コメント892アクセス

お世話になります。

ソルダクトン100mg+Ns50mlの指示が出たのですが、薬剤師さんから「ソルダクトンは配合変化がおきやすいのでメイン(フルカリック)止めてフラッシュして、投与時間は5分くらいかけて投与してください」と言われました。以前勤めていた病院では投与時間について何も言われず側管から普通に注入していました。「早く行くと何がダメなの?」と聞くと「血管痛のリスクが高くなります」との回答を貰いました。みなさんの勤務先でもやはりソルダクトンはゆっくり入れていますか?

また、フェジンですが添付文書には5%ブドウ糖20mlに溶かすとありますが、実際の注入は2分以上かけてとあるので薬剤師に相談したところ「先生に話して5%ブドウ糖50mlで溶解して滴下しましょう」と言われ、その通りになりました。過去、生理食塩液に溶かしていたので、ブドウ糖に溶かすのも知りませんでした。みなさんはやはりスタンダードにブドウ糖で投与でしょうか?

勤務先により、薬の投与方法や保管方法(たとえば輸液に遮光カバーをつけるつけないなど)が異なるので、時折戸惑います。先輩の勤務先では偽膜性大腸炎に注射用バンコマイシンを溶かして内服させていました。ビックリでした💦

このトピックには

4のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます