ラウンジ

患者さんに対して苛立ちを感じてしまう事について

08月02日13時04分6コメント2,724アクセス

私は2年目のリハ科病棟ナースです。

私が勤務している病棟は主に脊髄損傷の患者さんから整形外科手術術後の方、退院調整中の方など様々な患者さんがリハビリ目的で入院されています。

多くの方はリハビリに対して意欲的であり、リハビリの進行に合わせて自分で出来ることは可能な限り実施していただく事が多いです。

しかし、中にはリハビリに対して意欲的ではない方、ADL的には確実に出来るはずの事を看護師に求める方、ワガママな方、せん妄が長引いてしまい暴力を振るわれてしまう方など少し困った方もみえます。

当然、みんながみんな熱心にリハビリに取り組まれるわけでもなければ、長期入院で苛立ちをを感じている人もいると言うことは頭では理解しています。

しかし、感情の面では「この人よりもずっと若くて、ADL的にはもっと動く事が出来ない方が必死に頑張ってるのに、どうしてこの人は・・・」とか、「なんで手も足も自由に動くのにそんな自分で出来る事を看護師に頼むのだ。それぐらい自分でやれよ。」とやり場のない怒りを感じてしまいます。

もちろん、プロとしてはあってはならない事であると自覚しております。

しかしながら、ふとした時に怒りやもどかしさを感じてしまう自分に苛立ちを感じてしまいます。

ご覧になられてる諸先輩方はこう言った場面に遭遇した際にどのように感情を消化されていますか? 長文になりましたが、ご意見をいただけると幸いです。

このトピックには

6のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます