ラウンジ

臀部の糜爛が悪化し続ける

09月07日17時52分19コメント656アクセス

新規立ち上げの有料老人ホームで働いています。

6月に入職。働き始めて3ヶ月が経過しました。

自立度の高い男性の臀部のケアで悩んでいます。

とても頑固な性格で、入所当初よりリハパン汚染も気にせず「別に汚れていない」と、リハパン交換を拒む言動が多々みられていました。

最初は発赤で済んでいて、アズノールとガーゼにフィルムロール保護。

それで済んでいたのですが、リハパンの汚染や座りっぱなしの状態。

それが原因で、現在は糜爛になってしまっています。

本人がとても頑固で、小さな事でも怒鳴り散らす方なので、私もワーカーも施設長でさえも、彼にはリハパンの交換を依頼することが出来ませんでした。

(施設を盥回しにされてきていた方で、少し気にくわない事があると、誰彼かまわず怒鳴り散らすタイプの方です。)

ここ数日、家族様の協力がやっと得られる様になり、彼の態度が少しずつ変わってきました。

一日一回、就寝支援時にリハパンを交換出来るようになり、衛生を保持することだけは可能になりました。

それと同時に、定期受診にて抗真菌薬が処方される様に。

その頃には、臀部の半分が発赤。

殿裂部付近は糜爛。

もちろんのことながら、痛みの訴えもあります。

食事も細くなってきていて、栄養面的にも皮膚の回復が追いつかない状態です。

ケアとしては

毎日、一日二回。

日中と就寝前(リハパン交換時)に温タオルで臀部を清拭。

抗真菌薬を塗布。

本人からは「痛くて座ることも出来ない!なんとかしろ!」と怒鳴られますがめげずにケアを続けています。

こういう場合は、ガーゼやフィルムロールは使っても良いのでしょうか?

ちなみに現在は、肛門ギリギリからの糜爛なので、ガーゼもフィルムロールも使えない状態なので使ってはいません。

それと、ウォシュレットを使用してから、拭き取りをしない方なので

もちろん臀部は湿った状態です。

そこでさらにリハパンを履くので、臀部はさらに湿った状態が続き悪循環。

ワセリンを塗布して、水をはじかせる方法は得策になるでしょうか?

未熟な故、上手くケアが出来ていません。

ナースは私ひとりで、他のナースは次々入っては辞めてを繰り返している状態。

相談できる相手もいません。

どうか、よろしくお願いします。

このトピックには

19のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます