ラウンジ

勤務中、新型コロナウイルスに罹患した場合の補償

03月08日08時06分20コメント2,602アクセス

国内の感染者数、軒並み増えてきていますね。

SARSやMARSの時と異なり、長期戦になりそうで、自分に何が出来るのか…患者さんも、自分も、そして家族、スタッフをどぅ守れるか、考えてしまいます。当医療機関にも

感染を心配する患者さんの来院が増えてきています。

医療従事者が勤務中に、新型コロナウイルスに罹患した場合、補償があるようですが、、、感染者が増えてきた場合、市中感染との区別がつかなくなると、補償の認定はされないのでしょうか?

また、同居家族が罹患してしまった場合や、自分が市中感染者との濃厚接触者のリストに入った場合、自分は元気で働きたくても、施設より就労を制限されると思われます。その際は、最低でも14日間休む事になりそうです。半月分の給料が出ないとなると、死活問題です。国が補償?施設によって対応が異なるのでしょうか?ネット上でも、そこまで言及した内容は見つけられませんでした。

昨晩TVを観ていたら、人々の行動を全て管理し16日間新規発症がない国?について報道がされていました。(どこだったか大事な所を見逃しましたが)管理されるのは、窮屈でプライバシーの問題が取り沙汰されそうな気がしますが、

公共機関を利用した場合、やはり感染者がどの時間に、どこにいて、どれだけの人が同じ空間にいたのか、国や保健所レベルで把握出来、誰がその追跡対象者で自宅待機の必要性の通達が出来る、という仕組み。日本でも収束まで適応される事が理想なんでしょうか。

潜伏期間が長く、感染力もあり、また陰性化しても再燃を認める今回のコロナは、そのくらいやらないと濃厚接触者のリストアップや追跡が出来ず、後手後手にまわり、感染拡大を止められないのかも知れないと思ってしまいました。

14日間無症状は、長すぎます。

1日で考えても、何人と濃厚接触することか…

診療をされているご施設では、医療従事者への補償が、明確にスタッフに公表されていますか?

このトピックには

20のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます