1. トップ
  2. しゃべる
  3. 看護・ケア
  4. 化学療法の取り扱い

化学療法の取り扱い

  • 2020/10/15 06:06
  • 573アクセス
  • 7コメント

今働いている病院での化学療法の取り扱いに疑問があります。

今の時代ありえない!とおもうかたがおおいとおもうのですが、まず看護師がミキシングすることがあります。薬剤師が不在の時は看護師が行います。ミキシングするのは普段のミキシング台で、クリーンベンチでもなく、安全キャビネットでもないです。

次に、手袋、ゴーグル(しない人もいる)のみで点滴を繋ぎに行きます。ルートは閉鎖式のものなのでそこだけはガイドライン通りです。

ケモが薬剤部からくるとき、点滴ボトルが裸でふたつきのプラスチックケースできます。ビニール等にはいっていません。混入する部分はむき出しです。そして混中したとの証拠のため、バイアルも一緒に上がってきます。さすがにバイアルはビニール袋に入ってきますが。

そして、排泄介助のエプロンが不足しており、1日1枚です。尿にもケモは排泄されるのに…。色々不安になる要素が多いです。

ミキシングしなくてはならないときがきたらクリーンベンチすらないのにやりたくないで

す。

この状況はどうおもわれますか?

ケモをscした針は、特段分けずに黄色のハザードです。

(退会者)

このトピックには

7のコメントがあります

会員登録(無料)すると

コメントをお読みいただけます