ラウンジ

自立支援法は自立の壁

2006年09月08日0コメント1,045アクセス

障害者自立支援法が今年の4月から一部施行されて、この10月1日から本格的に施行されます。聞いた事はあると思いますが、中身、知ってますか?障害者の自立を支援する法律と思いませんか?実際は違います。支援費制度がスタートしてからは、障害をもった利用者は自分のライフスタイルに合わせた時間やサービスの内容を設定する事ができ、ガイドヘルパーのお陰で、今まで行けなかった場所まで気軽に出かけられる様になりました。そのお陰で、いろんな場所で、障害の有る方が目に留まる機会が増えたと思います。ところが、現時点でも家事支援や、移送、身体介護などのひと月に使える時間がきまっていて、その範囲内で、いつ来てもらったらいいかを、利用者が調整しながら、どうしても無理なら、予定を中止せざるを得なかったり、有料の介護サービスを実費で頼まないといけなくなってます。どうしても介護やヘルパーが付かなければ外出できない方は、制限付きになってしまうわけです。人の手を借りるならある程度は我慢も仕方がない、と言う方も居ると思いますが、彼ら障害のある方は、1〜2歳という親離れもままならないうちに、その親が見切れず半強制的に施設に送り込まれたというのが大半です。そこで、すべて周りがやってしまい、自立をしたいと思った彼らが一番困った事は自分で自分の食べたい物、したいこと、買いたいもの、いきたい場所、選ぶということを教えてもらってなかったため、選べることに戸惑い、自立の第一歩は選ぶこと、という障害者も少なくありません。その彼らから、ヘルパーや介護の時間などのカット等が盛り込まれたのが、今度10月1日から確実に施行される障害者自立支援法です。自立支援なんて名ばかりで、支援を阻止するための法律です。

障害者と接した事のある方は解ると思いますが、彼らは障害がある以外は自分達と変わりません。価値観、感情など話してみて下さい。何処にでもいる自分達と同じ人間なんです。たまたま障害を負ったのが自分じゃなかっただけで彼らを見捨てることができますか?もし、自分が、自分の家族が、子供が障害をもって生まれたら、同じように施設に送り込みますか?自分では何もできない子のままで人形の様に意思のない人間に育てますか?彼らに力を貸してください。障害者自立支援法反対をアピールして下さい。この現状を誰かに伝えて下さい。障害者の一番の障壁は私達同じ人間の心の中にあるバリアなんです。それをぶち壊す勇気を持ってください。彼らはとても純粋です。あなたの近くに作業所はないですか。自立支援センターはないですか?逢ってみて下さい。お願いします。でも、勘違いしないで下さいね。子供の彼らを施設に送った親は泣く泣くそうしただけです。働かなければ生活できません。でも実際問題、介護に時間も必要です。他に子供がいたら尚更その子の面倒も見なければなりません。どうしても手のかかる障害の有る子を施設に入れざるを得なかった、という現状もあります。それから、どこの施設でもこうだ、とレッテルを貼っている訳でもありません。しっかり意思をもたせ本人の自立を考えながら見守っている施設もあると思います。その逆に施設の中で障害者に対する虐待問題が起こっていることも事実です。どちらも現実です。考えてみませんか。

このトピックには

まだコメントがありません

会員登録(無料)をして

「最初のコメント」を投稿しませんか?