ラウンジ

DVT予防用具の時間短縮について

2006年09月11日0コメント1,258アクセス

DVT予防の「弾力包帯」や「間歇的空気圧迫法」は、ガイドラインでも終日着用が望ましいと明記されています。しかし、患者様においては、その着用が苦痛という意見が多くあります。また、文献でも一日4回1時間の着用で可、夜間は着用しなくてもよいというものがありましたが根拠は不明です。

そこで「DVT予防用具の使用時間短縮」が可能か、否かの看護研究に取り組んでいます。これら時間短縮に向けてのエビデンスや情報をお持ちの方ぜひ返信してください。待ってます。

このトピックには

まだコメントがありません

会員登録(無料)をして

「最初のコメント」を投稿しませんか?