ラウンジ
注入薬の間違いない作り方

2015年06月28日35コメント10,227アクセス

勤務先の病棟には経管栄養の患者様が35名ほどいます。内服薬をカテーテルチップから、注入しています。朝から35名の注入薬の準備の際、一つ一つ患者様の名前の書いたコップ(紙コップ程度のサイズ)に一つ一つ開封し入れていき、お白湯で溶解し、一つ一つ名前の書いたカテーテルチップに吸っていきます。

この時に起きるのが、一つのコップに二人の患者様の薬を入れてしまう。

また、コップの名前とカテーテルチップの名前を未間違え、吸ってしまう。

そして、コップがひっくり返り、中に入っていた薬が吸えなくなり、破損と言う形になる。

といったアクシデントが起きています。いろいろ、試行錯誤しますが、かならず数ヶ月に一度、こういうアクシデントが起きます。

みなさんのところは、注入薬の準備は、どのようにしていますか?

参考にしたいので意見下さい。

他、情報としては35人といった経管栄養の患者様が多いこと、また、8時半からの勤務前に作成しなければいけなく、数名で慌てて準備しているということ。が、あります。よろしくお願い致します。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

20件/35
No.25

薬は受け持ちが準備。溶解は直前です。1患者1トレイでベッドサイドにカテーテルチップと薬を持っていって散薬もしくは粉砕薬とOD錠だものすぐ溶けます。投薬も受け持ち以外しません。誤薬時の責任の所在が明確にしないといけないとおもいます。

私の職場では経菅栄養の患者様は多くて25名ほどになることがあります。

テーブルなどの広いところに一人分ずつ纏めて薬袋を置き、個人用カテーテルチップの外筒も合わせて配置し、外筒へ薬を入れ、内筒で蓋をします。

そして、注入直前に水を吸って溶かし、注入をしています。

各個人の名前をビニールテープに書いて、カテーテルチップに貼ったものを三色用意してあり、朝・昼・夕で色分け使用しています。

使用後のチップは食器類と同じ扱いで、中性洗剤洗浄後、次亜塩素酸ナトリウムの希釈液で消毒後、乾燥させて再利用しています。

ベッドサイドに一人分づつ薬、白湯、栄養をセットで持って行ってます。薬は大きめのカテーテルチップに白湯+内服薬を入れてバーテンダーの様にカシャカシャと溶かして注入しています。✏

私の勤務している病棟も慢性疾患の患者さんが多く胃瘻及びNGチューブの患者が40名ほどいるので簡易懸濁法を行っています。。内服はカテーテルチップに入れ薬袋をカテーテルチップにゴムで留めます。そうすることでカテーテルチップと内服の患者さんが間違っていないことが確認できます。内服を準備するスタッフと注入するスタッフは必ずしも一緒ではないので、そうする事で確実に内服薬が合ってることをダブルチェックできます。カテーテルチップは1週間に一度の交換を行っているのでコスト面ではチョット…という方もいるかもしれませんが、誤薬防止、確実に内服注入するという安全面から考えると良いのではないかと思います。安全第一ですからね。

先に患者名のついたボトルなりカテチップにダブルチェックして薬を入れます。その後にボトルには白湯を入れてボトルの中で溶かします。カテチップの場合は白湯を吸ってカテチップの中で溶かします。

>5 てんさんへの返信

お返事遅くなってごめんなさい。

経管栄養の患者様は、多い時で15名位です。

35名は大変ですね~。

ミスを防ぐ為に「1患者1トレー」くらいしか、今は思い付かないですが、良い方法がみつかると良いですね。

レビン使用中の方が脳外科で10人程度います。

一人づつトレーに薬とカテーテルチップ紙コップを準備して簡易懸濁しています。内服時間や名前の書いてある薬包を薬を出したあとにカテーテルチップに貼って間違えのないようにしています。感染管理の関係でカテーテルチップ、紙コップはその都度使い捨てです。また栄養チューブも全て使い捨てです。

ひとりの薬を直接カテーテルチップ外筒に入れてから、カテーテルチップの内筒をはめる。

次の患者の薬を直接カテーテルチップにいれる。

というかんじで全員の薬を入れてから、白湯をカテーテルチップで吸っていきます。

薬の入った入れ物とカテーテルチップに貼られたテープに名前をかいていますが、名前のシールの色が患者さんごとに決まってますので、間違えにくいです。

今までミスはないみたいです。

私の病院では1人1人トレー(長方形で小さめの)があり、そこにカテーテルチップ、アル綿、食札、食前の薬を入れてます。

トレー、薬杯には患者さんの名前を貼ってます。

薬杯の上に蓋と誤訳防止に空薬袋をセロハンテープでで止めてます。

薬は懸濁して15分以内なので、食後はお湯をカップに入れてラウンド時に各受け持ちまたは遅出などフリーNsが投与してます。

他の病棟はわかりませんがうちの病棟ではこれでインシデントはここ最近ないです!

他の方がコメントされているようにうちの病院も以前はカテーテルチップで注入してましたが、簡易懸濁ボトルで今は内服薬注入しています。

始業開始前に準備という点と事前に溶解してるという2点は、論点からずれるかもしれませんが、今でもそういう風にしてるところがあるんだな…

って失礼な言い方ですが思いました。

カテーテルチップのときはゴムが痛んできたら、外れて薬を撒き散らしたりしてたことありましたがそういうことも懸濁ボトルでは無いし、慣れれば楽ですよ。

人数的には一人当たり20人弱受け持ち居ますが始業開始してから準備だけして、昼食前に溶解するって手順で時間的には行けてます。

色々なやり方あると思いますが、良い方法見つかるとイイですね

長々と失礼しました