ラウンジ
酸素投与

03月14日18時29分13コメント508アクセス

巡視時サーチが85パーセントの寝たきり患者がおり、酸素投与2リットルで開始しました。その後95パーセント以上とれていたため1リットルに下げましたがその後も95パーセント以上とれていたので、1リットルで流し続けました。

先輩に酸素開始したらすぐ下げなくていいからといわれたのですがなぜ下げてはいけなかったのでしょうか??

わかる方教えてください。

会員登録(無料)をして

コメントを投稿しませんか?

コメント

13件/13

お二人ともありがとうございました。

原因は痰が多量で呼吸が阻害されていたからで、一時的なものというのが考えでした。吸引後酸素2リットルでサーチが戻ったので、15分後にもう一度測り1リットルにさげました。その後も何回か訪室し状態確認していましたが次の日もそのままサーチは取れていました。

なので酸素は2リットルいらないかな、もしくはこのまま下げていきオフできるかなと考えていました。

何が原因で酸素がさがったのですか?

酸素投与量を減らしたら、がくっと下がることもあります。

そのギリギリ維持できる酸素投与量にする必要がありますか?

酸素投与開始してどれくらい経過をみたかわかりませんが、酸素投与を始めたり切ったり変化をつけるのは負担がかかりませんか。

血ガスの評価をしようとしたとき、酸素投与をちょこちょこ切ったり酸素量を増やしたり減らしたりしていたら、どのような状況下での値かわからなくなる。

だから、むやみやたらと変えないで。

と医師に言われたことがあります。

患者の疾患や状態、治療などによって違うので、その先輩に確認してみてください。

その患者さんによって対応は違いますし、先輩看護師の考えも分かりません。

こんな所で聞かず先輩に確認しましょう。